2008年09月15日

米、市場急落懸念 リーマン破綻でFRB緊急会合も

米、市場急落懸念 リーマン破綻でFRB緊急会合も

2008年9月15日14時17分
 【ワシントン=西崎香】米金融当局は金融危機の深刻化を重大視し、金融市場の混乱を抑える緊急態勢を徹底する方針だ。15日のニューヨーク市場は相場が急落する懸念が強い。市場関係者には連邦準備制度理事会(FRB)が緊急会合を開き、市場対応をさらに強化するとの観測も浮上した。
 米財務省のポールソン長官は14日、実質的な破綻(は・たん)処理に直面している証券大手リーマン・ブラザーズをめぐる金融機関や当局の対策などが、市場の円滑な機能に不可欠なことを指摘。市場は異常な状況に直面しているとの認識で、金融システムの安定に取り組む姿勢を強調している。
 証券業界を監督する証券取引委員会(SEC)も同日声明を発表。市場の混乱を回避させる対策を徹底し、海外の金融当局と連携していることを明らかにした。週明けの15日のニューヨーク市場では、金融・証券相場の急落が予想されており、当局は神経をとがらせている。
 米中央銀行のFRBは日曜日の14日夜、証券会社などへの緊急貸出制度の条件を大幅に緩和。証券会社リーマン・ブラザーズの破綻懸念だけでなく、複数の証券や金融、保険会社などの経営危機が同時多発で進行する深刻な事態を重視し、金融システム不安の急拡大に歯止めをかけることに懸命だ。

 FRBは16日に金融政策を決める定例の公開市場委員会(FOMC)を開く予定だが、市場には週明け早々に緊急会合を開くとの観測も浮上。リーマン・ブラザーズの救済交渉が行き詰まる前は政策金利の据え置きが確実視されていたが、金融システム不安が急拡大する恐れが強い場合は、資金繰りを緩和することを視野に入れた議論の可能性もあるとの見方だ。
(2008/9/15/asahi.com)
http://www.asahi.com/business/update/0915/TKY200809150143.html

●今は上位の会社金融機関(銀行・証券会社)での破綻も珍しくなくなってきました。平成電電の経営破たんも珍しいと言っていた時代でしたが。

2008年09月12日

宮内被告 二審も実刑 ライブドア事件 東京高裁判決 『主導的立場だった』

宮内被告 二審も実刑 ライブドア事件 東京高裁判決 『主導的立場だった』

2008年9月12日 夕刊

控訴審判決のため裁判所に入る宮内亮治被告=12日午前、東京・霞が関で
写真
 ライブドア事件で、証券取引法違反罪(有価証券報告書の虚偽記載など)に問われた元財務担当取締役宮内亮治被告(41)の控訴審判決で、東京高裁は十二日、懲役一年八月の実刑とした一審・東京地裁判決を破棄し、懲役一年二月の実刑を言い渡した。中川武隆裁判長は「計画的に一般投資家を欺き、ライブドアの株価上昇と時価総額の拡大を追求した」と指摘。民事訴訟の解決に向けた努力を認め、一審より刑を軽くした。
 最大の争点だった自社株売却益の売り上げ計上の是非について、宮内被告側は「当初から不正の認識はなかった」と主張したが、中川裁判長は「複数の組合を介在させ、海外の証券会社を使って自社株売却を行い、発覚しづらくした」と一審判決を追認。「公認会計士の指摘を抑えて犯行に及んでおり、不正な会計処理との認識はあった」とした。
 その上で「証券市場に与えた影響は非常に重い」と指摘。「反省の態度を見せても執行猶予が相当とは言えない」「主導的な立場。当時多額の報酬を得ていたと推認できる」と実刑の理由を述べた。
 一方で、捜査段階から一貫して事実関係を詳細に供述し、事件の解明に協力してきたと指摘。「元社長堀江貴文被告(35)=上告=に迎合した側面がある。民事訴訟の解決に向けた相当の努力をしており、酌むべき事情もある」と述べた。
 堀江被告は今年七月、二審でも実刑判決を受け、最高裁に上告している。

13件と和解、堀江被告と対立戦術

 「執行猶予を」との主張は、控訴審でも通らなかった。東京高裁一〇一号法廷。ダークスーツ姿の宮内被告は言い渡しの瞬間、身じろぎもしなかった。
 「動機、経緯に酌量の余地はない」「証券市場、社会に与えた影響は非常に重大」などと犯行を指弾する言葉が続くと、険しい表情を見せ、裁判長に鋭い視線を投げ掛けた。
 「すべての責任を部下に押しつけた堀江被告と違い、真摯(しんし)に反省している」「株主との和解も進んでいる」。控訴審で宮内被告の弁護人は、実刑を下した一審判決の不当性を訴えてきた。
 ライブドアの「ナンバー2」と言われた宮内被告は二〇〇六年五月、東京地裁の初公判で事実関係を大筋で認めて以降、無罪を主張した堀江被告と真っ向から対立してきた。
 堀江被告は控訴審に一度も出廷しなかったが、宮内被告はすべて出廷。「執行猶予を求めているのに法廷に出ないのは失礼でしょう」と弁護人は言う。
 ライブドア株主が同社や元幹部らに損害賠償を求めた訴訟で、宮内被告は二十件のうち十三件(原告三百九十一人)で既に和解。約五千六百万円を支払った。そのほかの株主にも一億四千万円を支払う用意をしている。
 宮内被告は今、東京都内にある知人のコンピューターシステム会社で働いている。

 七月の公判では「今の立場では役職に就けない。もっと意思決定にかかわりたいが、それができない自分がもどかしい」と話していた。http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008091202000263.html
(東京新聞夕刊 2008/9/12)


● 宮内被告の功績もあるかもしれません、特に投資に損を与えたのは配慮が足りなかったのだろうと。
posted by スズキ at 14:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブドア事件 宮内被告、2審も実刑判決 東京高裁

ライブドア事件 宮内被告、2審も実刑判決 東京高裁
 ライブドア事件で証券取引法違反罪に問われた元取締役、宮内亮治被告(41)の控訴審判決で、東京高裁(中川武隆裁判長)は12日、「犯行の主導的立場にあり刑事責任は重いが、原判決後にライブドア株主らとの民事訴訟の解決に努力している」として、懲役1年8月(求刑同2年6月)の実刑とした一審・東京地裁判決を破棄し、懲役1年2月の実刑に減刑した。
 同事件では元社長、堀江貴文被告(35)も1、2審で懲役2年6月の実刑判決を受け、上告中。
 中川裁判長は判決理由で「同事件が証券市場や社会一般に与えた影響は重大。ライブドアの最高財務責任者として各犯行に重要な関与をし、影響を及ぼした」と指摘。(11:53)

関連記事

http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/regist/input
(日経ネット2008/9/12)
● 平成電電と違い、宮内被告はライブドア株主に誠意をみせている様子です。

posted by スズキ at 14:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

2008年09月10日

昨日は見れない部分がございました。

朝ブログのメンテナンスがあったようで、早朝にごらんになった方については
閲覧がしずらい状況がありましたが、現在は復旧しています。

posted by スズキ at 04:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。