2009年07月09日

粉飾『共謀した覚えない』 プロデュース事件 公認会計士初公判 横領罪は認める

粉飾『共謀した覚えない』 プロデュース事件 公認会計士初公判 横領罪は認める
2009年7月9日

 新潟県長岡市の工作機械メーカー「プロデュース」=民事再生手続き中=の粉飾決算事件で、金融商品取引法違反罪などに問われた、公認会計士石井清隆被告(40)の初公判が八日、さいたま地裁(大谷吉史裁判長)であった。
 石井被告は粉飾決算について「共謀した覚えはなく、全体の粉飾にかかわったことはない」などと述べ、無罪を主張。所属する監査法人の金四千九百万円を着服したとされる業務上横領罪については、起訴内容を認めた。
 検察側冒頭陳述によると、石井被告は顧客企業が上場すれば自身の実績になると考え、同社の監査を引き受けた。同社の業績が伸び悩み、同社前社長の佐藤英児被告(40)=同罪などで公判中=から相談を受けると、架空取引や粉飾処理を指示したとされる。
 石井被告は罪状認否で「会計士として一定の条件の下にアドバイスしたが、実際の売り上げが半分だったとか、赤字だったということは知らなかった」などと述べた。

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20090709/CK2009070902000085.html
TOKYO Web

★ プロデュースはの公判が進んでいます。粉飾決算が大きな秩序を乱していることに注目です。


posted by スズキ at 20:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式会社プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。