2009年07月10日

旧ライブドア 堀江元社長らに14億賠償命令

旧ライブドア 堀江元社長らに14億賠償命令
東京地裁 株主集団訴訟で2例目
 旧ライブドア(現LDH)の粉飾決算事件で株価が暴落し、損害を受けたとして、同社株などを保有していた個人株主410人が、LDHや旧ライブドア元社長の堀江貴文被告(36)(上告中)らに約44億円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が9日、東京地裁であった。渡部勇次裁判長は、原告402人について、総額約14億6600万円の賠償をライブドア側に命じた。同事件を巡っては、別の個人株主グループが起こした集団訴訟でも5月、同地裁が約76億円の賠償を命じている。

 判決は、ライブドアの2004年9月期の有価証券報告書に虚偽記載があり、堀江元社長ら6人とLDH、港陽監査法人(解散)には賠償責任があると認定。原告側は、虚偽記載が明らかになった日(06年1月18日)の前後1か月の平均株価の差額(1株585円)が損害にあたると主張したが、判決は「虚偽記載以外の値下がり要因もあった」として、損害額を1株200円と算定した。

(2009年7月10日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20090710-OYT8T00365.htm?from=nwla

★第2次の株主訴訟の原告に対して約14億円の賠償命令の判決が言い渡されました。約1人当たり314万円という計算になります(出資額の考慮をしての計算ではありません)


posted by スズキ at 22:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。