2009年08月03日

裁判員裁判:わかりやすさ求めハイテク法廷に…東京地裁(東京地裁104号法廷)

裁判員裁判:わかりやすさ求めハイテク法廷に…東京地裁
 
08年11月から先端機器が取り付けられ「ハイテク法廷」に生まれ変わった、東京地裁の104号法廷 初の裁判員裁判は、98人が傍聴できる東京地裁最大の104号法廷で開かれる。裁判員が分かりやすい審理に向けビジュアル化を進めるため、08年11月から先端機器が取り付けられ「ハイテク法廷」に生まれ変わった。

 左右両側の壁に65インチの大型ディスプレー、裁判官や裁判員、検察官、弁護人それぞれの席に計10台の小型モニターが設置された。表や図、写真など同じ映像が映し出されるが、傍聴人に見せるのを避けたい遺体の写真などは、小型モニターにのみ表示できる。
 中央の証言台にはタッチパネル。専用ペンで画面に書き込めば、ディスプレーやモニターで事件当時の位置関係を明示できる。
 また、被告の発言や証言を瞬時に文字化する音声認識システムが設置された。マイクで拾った音声を前後の文脈に照らして文章化する。証言台に向かい合う書記官席のカメラで録画した映像と結びつけて記録し、評議で裁判員が証言内容を確認したい場合は、キーワードや発言者を入力すると、再生できる。
 最高裁によると機器はリースで、費用は1法廷当たり月額約19万円になる。【安高晋】

【関連記事】
【写真ドキュメント】全国初の裁判員裁判が始まる
<特集>裁判員を詳しく説明 裁判員がわかる
<特集>世論はどう思っている? 裁判員制度ウェブアンケート
<特集>最新ニュースと解説で 裁判員
毎日新聞 2009年8月3日 10時19分(最終更新 8月3日 12時05分)

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090803k0000e040005000c.html
 ★ 裁判員制度は今年の5月21日に始まりましたが、その第一号の裁判が行われました。
posted by スズキ at 21:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記