2009年08月04日

371億円詐取で懲役3年 リーマン社から、丸紅元嘱託

371億円詐取で懲役3年  リーマン社から、丸紅元嘱託
 大手総合商社「丸紅」の偽造稟議書を使った架空の投資話で米証券「リーマン・ブラザーズ」の日本法人から計371億円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた丸紅の元嘱託社員山浦伸吾被告(36)に、東京地裁は31日、懲役3年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 井口修裁判長は判決で、被告がリーマン社との会議場所として丸紅の会議室を確保したり、偽の丸紅の部長を仕立てて会議に出席させるなど、投資話を信用させるのに不可欠な役割を果たしたと指摘。「被害総額は類例を見ないほど巨額。まれに見る悪質な詐欺」と述べた。
 判決によると、山浦被告は医療関連会社の元社長斎藤栄功被告(47)=公判中=らと2007年、丸紅の副社長名義の偽造文書をリーマン社に示し、架空の病院再生事業への投資を持ち掛け、計371億円を詐取した。

http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009073101000805.html
2009/07/31 17:41   【共同通信】

 ★371億円の詐欺で懲役3年、詐欺のいきさつもあるのでしょうけど、かなり穏やかな判決(量刑)だと思います。
  ただ、詐欺の舞台として丸紅が利用されているのは少し多すぎるのではないのでしょうか。



posted by スズキ at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 詐欺事件(その他)・【刑法246条】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。