2009年08月13日

裁判員裁判:被告が控訴 東京・足立の殺人事件

裁判員裁判:被告が控訴 東京・足立の殺人事件
2009年8月13日 11時55分 更新:8月13日 12時3分

 全国初の裁判員裁判となった東京都足立区の殺人事件で、隣家の女性(当時66歳)をナイフで刺殺したとして殺人罪に問われた藤井勝吉被告(72)は12日付で、懲役15年とした東京地裁判決(6日)を不服として控訴した。地裁判決は「身勝手で短絡的」と指摘し、ほぼ検察側の求刑(懲役16年)通りの判決を言い渡した。【小林直】
http://mainichi.jp/select/today/news/20090813k0000e040051000c.html
★ 初の裁判員制度のもとでの第一号裁判は懲役15年の判決が言い渡されましたが、その被告人は東京高裁へ控訴したとのことです。
posted by スズキ at 18:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記