2010年08月04日

2被告の控訴棄却 平成電電詐欺事件 2被告の控訴棄却 平成電電詐欺事件

2被告の控訴棄却 平成電電詐欺事件
2010/8/4 18:53
 通信ベンチャー「平成電電」(破産)の投資詐欺事件で、詐欺罪に問われた関連会社元社長、熊本徳夫被告(58)と同社元取締役、坂上好治被告(52)の控訴審判決が4日、東京高裁であった。中山隆夫裁判長は熊本被告を懲役6年、坂上被告を懲役3年とした一審・東京地裁判決を支持、両被告の控訴を棄却した。

 両被告は詐欺の故意はなかったと主張したが、中山裁判長は判決理由で「実体のない取引だと認識していた」と認定した。判決によると、両被告は2005年8月、「通信設備の購入に投資すれば高利が得られる」などと虚偽の説明をし、30人から3億6千万円を集めた。


関連キーワード平成電電、被告、詐欺事件、両被告、控訴棄却、詐欺、投資詐欺、控訴審判決


★控訴審の判決になります。控訴棄却という結果になりました。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2E6E2E1988DE2E6E2EAE0E2E3E29191E3E2E2E2;at=ALL

posted by スズキ at 21:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電事件(ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。