2008年07月03日

イー・モバイルCMに批判殺到 「猿」がオバマ氏連想

意外にも猿のchangeという表現が批判の対象になるとは。
その前、イーモバイルは松下奈緒をイメージキャラクターとしていたこともあり、今後のCM活動
の難しさが伺えます。



2008.7.3 09:37
このニュースのトピックスCM
ワシントンで報道陣に手を振る民主党のオバマ上院議員=6月26日(AP)ワシントンで報道陣に手を振る民主党のオバマ上院議員=6月26日(AP)

 【ワシントン=渡辺浩生】猿がふんする大統領候補が「チェンジ」と聴衆に呼びかけるCMを制作した日本の携帯電話会社イー・モバイルに対して、CMの「猿」は米国初の黒人大統領を目指す民主党のオバマ上院議員を連想させるパロディーで、「人種差別に当たる」という批判がブログを通じて相次ぎ、同社がCM放送を取りやめたことが分かった。

 米CNNテレビなど欧米メディアが相次ぎ報じた。CMは「新ケータイ候補 イー・モバイル」の文字とともに、スーツ姿の猿が演壇に立って「Change」というカードを持って声援を送る支持者に、携帯電話の変更を呼びかける内容。「Change」はオバマ氏の選挙戦のスローガンであり、同氏の演説の光景を明らかに連想させる。
 このCMが動画サイトのユーチューブを通じて流れ、ブログで日本在住外国人から批判が続出。日本のオバマ氏の応援サイトも「アメリカの政治情勢のもと人種差別とみなされる」と抗議した。
 CNNは「猿は歴史的に黒人を非人間と描くために使われてきたことを、国際的な人々は知るべきだ」と語るアフリカ系米国人のコメントを紹介。同社のエリック・ガン社長はCNNに、表現やインパクトの与え方など「米大統領選からのアイデアのコピー」と認めたが、人種差別の意図はなかったと強調した。

 同社は先月末、このCMの放送撤回を決めたが、ネットを通じて全世界に流れている。英紙ガーディアンは「猿は日本では崇拝されてイメージは日本の寺院や神社でよく見かけるが、イー・モバイルのCM起用は外国人ブログ社会では感心されなかった」と指摘、日本企業の人種問題への鈍感さを皮肉った。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/080703/amr0807030939002-n1.htm
2008/7/3/MSN産経ニュース

posted by スズキ at 14:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。