2008年08月18日

破産宣告などから発覚すること(国立病院贈収賄事件)

平成電電の事件は民事再生手続きの時には分からなかったことが、破産手続き開始決定により分かることが沢山ありました。この事件も贈収賄という少し状況は詐欺事件とは異なりますが、類似した性質のものが沢山あります。広い目で見て平成電電を見て行きたいと思います。
posted by スズキ at 21:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治問題(国立病院贈収賄事件) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。