2008年08月21日

加藤医師「きちんと判断、ほっとした」=現場復帰に意欲も−帝王切開死、無罪判決

無罪判決は少ないですが避けられません。

加藤医師「きちんと判断、ほっとした」=現場復帰に意欲も−帝王切開死、無罪判決

8月20日17時15分配信 時事通信


 福島県立大野病院(同県大熊町)の帝王切開死事故で、福島地裁の無罪判決を受けた加藤克彦医師(40)は20日午後、福島市内で記者会見し、「ほっとした。裁判所は真剣に審議し、きちんとした判断をしてもらった」と述べた。今後は産婦人科の現場に復帰する意思を明らかにした。
 加藤医師は会見冒頭、手術で死亡した女性について、「信頼して受診してもらったのに、家族にもつらい思いをさせてしまい申し訳ない」と謝罪。励ましの手紙や電報、支援者に対する感謝の言葉を読み上げ、深く頭を下げた。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕医師、遺族に一礼=帝王切開死無罪判決
〔写真ニュース〕産婦人科医に無罪=帝王切開死亡事故
〔写真ニュース〕産婦人科医に無罪=帝王切開死亡事故
〔写真ニュース〕産婦人科医に無罪=帝王切開死亡事故
産婦人科医に無罪=医療ミスを否定-帝王切開死亡事故・福島地裁

最終更新:8月20日17時19分

posted by スズキ at 16:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判(無罪判決) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。