2008年08月22日

村上ファンド証取法違反:村上被告、控訴審で再び無罪を主張

村上ファンド証取法違反:村上被告、控訴審で再び無罪を主張

 ニッポン放送株を巡るインサイダー取引事件で証券取引法違反に問われ、1審で懲役2年、罰金300万円、追徴金約11億4900万円の実刑判決を受けた村上ファンド元代表、村上世彰(よしあき)被告(49)の控訴審第1回公判が19日、東京高裁(門野博裁判長)であった。元代表側は1審に続いて無罪を主張、検察側は控訴棄却を求めた。
 1審判決によると、元代表は04年11月、ライブドア(LD)側から同放送株を5%以上買い集めると伝達され、05年1月までに計193万3100株を不法に買い付けた。【伊藤一郎】

 ◇白髪交じりの短髪「今はNPO理事」

 村上元代表は紺のスーツ姿で出廷し、約1年ぶりに公の場に姿を現した。白髪交じりの髪を短く刈り込んだ元代表は、裁判長から職業を聞かれると「現在はNPO法人の理事をしています」と小さな声で答えた。
 関係者によると、自らが理事を務めるNPO法人「チャリティ・プラットフォーム」(東京都)に計20億円を資金提供。別のNPO法人に資金提供や助言をしている同法人の活動に協力しているという。

毎日新聞 2008年8月20日 東京朝刊


http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080820ddm012040030000c.html


村上ファンドもいい方向に使えればよかったのですが儲けのみを考えた結果なのかもしれません。

posted by スズキ at 20:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 村上ファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。