2008年09月12日

ライブドア事件 宮内被告、2審も実刑判決 東京高裁

ライブドア事件 宮内被告、2審も実刑判決 東京高裁
 ライブドア事件で証券取引法違反罪に問われた元取締役、宮内亮治被告(41)の控訴審判決で、東京高裁(中川武隆裁判長)は12日、「犯行の主導的立場にあり刑事責任は重いが、原判決後にライブドア株主らとの民事訴訟の解決に努力している」として、懲役1年8月(求刑同2年6月)の実刑とした一審・東京地裁判決を破棄し、懲役1年2月の実刑に減刑した。
 同事件では元社長、堀江貴文被告(35)も1、2審で懲役2年6月の実刑判決を受け、上告中。
 中川裁判長は判決理由で「同事件が証券市場や社会一般に与えた影響は重大。ライブドアの最高財務責任者として各犯行に重要な関与をし、影響を及ぼした」と指摘。(11:53)

関連記事

https://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/regist/input
(日経ネット2008/9/12)
● 平成電電と違い、宮内被告はライブドア株主に誠意をみせている様子です。

posted by スズキ at 14:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。