2008年09月15日

米政府、金融市場を注視 リーマン買収問題などで

米政府、金融市場を注視 リーマン買収問題などで
 【ワシントン=米山雄介】フラット米大統領副報道官は12日の記者会見で、経営難に陥っている米証券大手リーマン・ブラザーズの買収観測などから金融市場に信用不安が広がっていることに触れ、政権を挙げて金融危機回避に全力で取り組む姿勢を強調した。具体的な対応について「ブッシュ大統領はホワイトハウス補佐官や財務長官から定期的に報告を受けている」「財務省が市場を注意深く監視し、市場参加者と緊密に連絡を取っている」と説明した。
 貯蓄金融機関(S&L)が相次ぎ破綻した1980年代後半から90年代初期の再来を懸念する声には「S&L危機では1年に200から300の金融機関が破綻した。現在はそうした状況ではない」と反論した。
 リーマンの買収交渉への直接の言及は避けたが、AP通信は同日、関係筋の話として「ポールソン財務長官はリーマンの買収計画を政府が公的資金で支援することに極めて慎重だ」と伝えた。 (11:29)

関連記事

最新主要ニュース

 2008/9/15/日経ネット
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080913AT2M1300D13092008.html

昔銀行が破綻しそうになっても、国が護送船団方式を採用していました。
メリルは国が助けることは出来なかったので、破産へとなってしまいました。
自分の身は自分で守ることが大切になった時代なのかもしれません。

この記事へのコメント
はじめまして。。。。
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。




Posted by ただ at 2008年09月16日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。