2008年12月12日

加勢大周被告:大麻所持などで懲役2年6月を求刑−−東京地裁初公判

加勢大周被告:大麻所持などで懲役2年6月を求刑−−東京地裁初公判
 覚せい剤取締法と大麻取締法違反に問われた俳優、加勢大周(本名・川本伸博)被告(38)は10日、東京地裁(三村三緒裁判官)の初公判で「間違いありません」と起訴事実を認めた。検察側は、懲役2年6月を求刑して結審した。判決は18日。

 加勢被告は被告人質問で「芸能活動での悩みや不安に押しつぶされそうになり、一時でも楽になれればと思って使ってしまった。たくさんの人に迷惑をかけた。(今後は)芸能界から遠のきたいと思う」と述べた。
 起訴状によると加勢被告は10月4日、東京都世田谷区の自宅マンションで覚せい剤約1グラムと乾燥大麻約9グラムを所持したほか、5月ごろから自宅で大麻草27本を栽培した。冒頭陳述で検察側は、加勢被告が高校在学中に初めて覚せい剤と大麻を使用し、06年以降は週に3、4日の割合で大麻使用を繰り返してきたと指摘した。【伊藤一郎】

毎日新聞 2008年12月10日 東京夕刊
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20081210dde041040013000c.html

★加勢大周被告人の裁判になります。かつてトレンディ俳優ということで一世風靡していましたが、先日の大麻取締法違反での逮捕・起訴で状況が一遍。
posted by スズキ at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判(事件一般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。