2008年12月17日

格闘家のエンセン井上被告、大麻所持で求刑10月

格闘家のエンセン井上被告、大麻所持で求刑10月
2008.12.17 14:32
 

エンセン井上被告 乗用車内に大麻を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた米国籍の格闘家、エンセン井上(本名=イノウエ・エンセン・ショウジ)被告(41)の初公判が17日、東京地裁(合田悦三裁判官)で開かれた。井上被告は起訴事実を認めた。検察側は「格闘家として弟子を指導する立場にありながら、違法な薬物を使用していた」などと懲役10月を求刑、弁護側は寛大な判決を求めて結審した。判決は26日。
 井上被告は被告人質問で、約2、3年前に米国・ロサンゼルスの知人に勧められて大麻を始め「週に2、3回吸っていた」と証言。米国から弟子が来日したときに一緒に吸うこともあったという。
 起訴状によると、井上被告は10月18日午後、東京都豊島区の池袋駅近くのパーキングに止めた乗用車内で大麻を含んだ乾燥植物片約9・8グラムを所持した。

 井上被告はハワイ出身。平成7年に格闘技「修斗」でデビューしヘビー級王座まで上りつめたが、11年に傷害事件を起こして王座を返上しライセンスの無期限停止処分となった。その後総合格闘技「PRIDE」などで活躍した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081217/trl0812171435007-n1.htm
(産経MNSニュース/2008/12/17)

★ 裁判官は平成電電詐欺事件の公判と同じ合田悦三裁判長(単独)の裁判です。判決は12月26日(金)に行われます。
posted by スズキ at 19:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 判決(珍しいもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。