2009年02月23日

平成電電めぐる詐欺事件、関連会社元社長に懲役6年判決 (読売新聞)

平成電電めぐる詐欺事件、関連会社元社長に懲役6年判決
 通信機器の購入に充てると偽り、投資家から計3億6000万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われたベンチャー系通信会社「平成電電」(東京都渋谷区、破産)の関連会社「平成電電システム」元社長熊本徳夫被告(56)、同元役員坂上好治被告(50)の判決が23日、東京地裁であった。

 合田悦三裁判長は、「被害者の多くは中高年者で、犯行の影響は深刻だ」と述べ、熊本被告に懲役6年(求刑・懲役10年)、坂上被告に懲役3年(求刑・懲役6年)の実刑を言い渡した。
 この事件では、両被告のほかに平成電電の元社長佐藤賢治被告(57)も起訴され1審公判中だが、判決は佐藤被告が首謀者と認定。判決によると、熊本被告らは佐藤被告と共謀、2005年8月、投資家30人から計3億6000万円をだまし取った。

(2009年2月23日14時33分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090223-OYT1T00358.htm?from=navr

★読売の報道はオーソドックスです。「被害の多くは中高年」が一応の特徴です。


【関連する記事】
posted by スズキ at 20:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電事件(ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。