2009年02月23日

投資詐欺判決:平成電電協力社元社長に実刑 東京地裁 (毎日.jp)

投資詐欺判決:平成電電協力社元社長に実刑 東京地裁
 通信機器への投資名目で集めた資金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた平成電電(破産)の協力会社「平成電電システム」元社長、熊本徳夫(のりお)被告(56)に対し、東京地裁は23日、懲役6年(求刑・懲役10年)を言い渡した。合田悦三(ごうだよしみつ)裁判長は「被害者の多くは中高年者で今後の生活に大きな不安を抱かざるを得ず精神的苦痛は大きい」と指摘した。システム社元役員、坂上好治被告(50)は懲役3年(同・懲役6年)とした。

 判決は、別に公判中で無罪主張している平成電電元社長、佐藤賢治被告(57)を首謀者だと認定した。

 判決によると、熊本被告らは05年8月、投資家30人から計3億6000万円を集めて詐取した。被告らは「だます意図はなかった」と無罪主張したが、判決は「資金が通信機器購入に充てられないことを認識しながら、投資家に説明していた」と退けた。【伊藤一郎】
(2009/2/23/毎日.jp)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090223k0000e040036000c.html

★毎日.jpでは「精神的な苦痛」について記述してあります。また「だます意図はなかった」との記載も目立ちます。



【関連する記事】
posted by スズキ at 20:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電事件(ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。