2009年03月18日

平成電電元社長に懲役12年求刑

平成電電元社長に懲役12年求刑
2009.3.18 13:06
 
このニュースのトピックス:刑事裁判
 通信設備への投資名目で出資金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた通信ベンチャー「平成電電」=破綻(はたん)=の元社長、佐藤賢治被告(57)の論告求刑公判が18日、東京地裁(合田悦三裁判長)で開かれた。検察側は「一貫して犯行を主導し、きわめて巧妙かつ悪辣(あくらつ)な宣伝活動を続けた」として懲役12年を求刑した。

 検察側は論告で「他人の財布を使って名声欲や金銭欲を満足させようとし、自己中心的」と批判した。弁護側は無罪を主張しており、最終弁論は4月6日に行われる。
 起訴状によると、佐藤被告らは平成17年8月ごろ、年8%などの高配当をうたって「投資金で通信機器を購入し、通信機器のリース料から配当を行う」などとうそを言い、30人から約3億6000万円をだまし取ったとされる。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090318/trl0903181307008-n1.htm
(2009/3/18/MSN産経ニュース)

★こちらでは、自己中心的であること、平成17年8月ごろ年8%などの高配当をうたって通信機器を購入し配当を行うと嘘をついたことが強調されています。


【関連する記事】
posted by スズキ at 18:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 平成電電事件(ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

株式会社プロデュース計画倒産被害者の会
Excerpt: 豪華自宅と言っても、代金未払で引き渡しされてないんでしょ。 建築中の建物の注文主が代金を払えなくなった場合、建築屋は通常、建物と 敷地の両方に商事留置権を主張します。 佐藤がキャッシュで土地..
Weblog: 佐藤英児社長の行方
Tracked: 2009-03-19 18:11
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。