2009年04月16日

警察庁長官、痴漢捜査のあり方を検討

警察庁長官、痴漢捜査のあり方を検討

 最高裁が、電車内の痴漢事件で逆転無罪判決を言い渡したことを受け、警察庁の吉村博人長官は「痴漢捜査のあり方を検討する必要がある」として首都圏の警察などで検討会を開く方針を示しました。

 電車内で女子高生に痴漢をしたとして強制わいせつの罪に問われた防衛医科大学の教授に対し、最高裁は14日、1・2審の実刑判決を破棄して無罪を言い渡しました。物的証拠や目撃者がいないため、被害者による供述のみが証拠となっていました。
 この判決を受け、警察庁の吉村長官は16日の定例会見で「事件はそれぞれ違う」としつつも、「捜査のあり方を検討する必要がある」と述べ、今後、痴漢事件が多い、首都圏の警察などで検討会を開く方針を示しました。
 吉村長官は「強制捜査にするのか、任意での捜査にするのかも含め、多角的に検討してゆく必要がある」としています。(16日18:28)

http://news.tbs.co.jp/20090416/newseye/tbs_newseye4109776.html
(2009/4/16/TBS)

★ 最高裁の判決を受けて、警察庁は捜査の在り方をもう一度みなおすことになりました。
 しかし、被害者の供述が唯一の証拠となった以上裁判所はなぜ法則にしたがって無罪としないのかというところが全く理解はできません。

 
 


posted by スズキ at 22:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。