2009年06月01日

平成電電巨額詐欺 主犯の元社長に懲役10年 東京地裁(MSN産経ニュース)

平成電電の刑事裁判、やっとになりますが首謀者と言える佐藤賢治被告人に懲役10年の判決が言い渡されました。
 
平成電電巨額詐欺 主犯の元社長に懲役10年 東京地裁
2009.6.1 15:53
  破綻(はたん)した通信ベンチャー「平成電電」の巨額詐欺事件で、通信設備への投資名目で出資金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元社長、佐藤賢治被告(57)の判決公判が1日、東京地裁で開かれた。合田悦三裁判長は「投資家にうそをつくことにためらった様子はなく、反省の態度も見られない」として、懲役10年(求刑懲役12年)を言い渡した。  合田裁判長は佐藤被告について、「資金調達の方法を自ら発案し、営業に関する重要な事項もほぼ1人で決めており、犯行の首謀者といえる」と指摘した。
 判決などによると、佐藤被告は関係会社幹部と共謀し、平成17年8月、高配当をうたって「投資金で通信機器を購入し、通信機器のリース料から配当を行う」などとうその内容のパンフレットを送付し、30人から計約3億6000万円をだまし取った。
 佐藤被告の弁護人は、「だまし取るつもりはなかった」と無罪を主張しており、控訴する方針。

 平成電電をめぐっては、今年2月に東京地裁が関係会社元社長に懲役6年(求刑懲役10年)、関係会社元役員に懲役3年(同懲役6年)の実刑判決を言い渡した。両被告ともに東京高裁に控訴している。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090601/trl0906011556011-n1.htm
(2009/6/1/MSN産経ニュース)



【関連する記事】
posted by スズキ at 18:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電事件(ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。