2009年07月31日

エビ養殖詐欺主犯が控訴取り下げ 実刑確定へ

エビ養殖詐欺主犯が控訴取り下げ 実刑確定へ
2009.7.31 17:20
  高配当をうたった架空のエビ養殖事業で多額の資金を集めた投資会社「ワールドオーシャンファーム」の詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われ、1審東京地裁で懲役14年の判決を受けた同社元会長、黒岩勇被告(60)が控訴を取り下げていたことが31日、分かった。取り下げは24日付。黒岩被告の実刑が確定する。

 1審判決によると、黒岩被告は平成18年11月〜19年5月、幹部と共謀して,分配金を支払う意思がないのに1口10万円で実体のないエビ養殖事業への出資者を募集。46人から計2億5150万円をだまし取った。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090731/trl0907311722007-n1.htm

★ エビ養殖の主犯である黒岩被告人は、控訴を断念して実刑が確定したとのことです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記