2009年05月20日

エビ養殖詐欺で元幹部に実刑

エビ養殖詐欺で元幹部に実刑
2009.5.20 17:32
 
このニュースのトピックス:刑事裁判
 高配当をうたった架空のエビ養殖事業で多額の資金を集めた投資会社「ワールドオーシャンファーム」の詐欺事件で、組織犯罪処罰法(組織的詐欺)違反罪に問われた同社元幹部、竹内広昭被告(63)ら5人の判決公判が20日、東京地裁で開かれた。戸倉三郎裁判長は、「組織性や計画性、勧誘の巧妙さは高度で、同種事案に比べ悪質さが際立つ」として竹内被告ら5人に懲役3〜2年(求刑懲役3年6月〜3年)の実刑を言い渡した。

 分離公判中の元会長、黒岩勇被告(60)の共謀も認定した。
 戸倉裁判長は「被害者の多くは老後のための蓄えをだまし取られた。被害は約2万5000人、約277億円に及ぶ」と指摘。一方で5人を「重要事項は黒岩被告が決定しており、従属的立場だった」とした。
 判決によると、5人は黒岩被告らと共謀して平成18年11月〜19年5月、分配金を支払う意思がないのに実体のないエビ養殖事業への投資を募り、46人から計2億5150万円をだまし取った。

 事件では15人が起訴され、28日には黒岩被告ら7人の判決が予定されている。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090520/trl0905201737008-n1.htm

★ワールドオーシャンファームの幹部に実刑が確定したようです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。