2009年08月17日

本物の法廷、高校生も裁判員実感 模擬裁判大会に18校2009年8月9日13時5分

本物の法廷、高校生も裁判員実感 模擬裁判大会に18校2009年8月9日13時5分


裁判員裁判があった東京地裁104号法廷で、模擬裁判に参加する高校生たち=8日午後、上田幸一撮影

論点を記した紙を掲げて最終弁論をする福岡高校の生徒たち=福岡地裁
 高校生が刑事裁判の検察側と弁護側に分かれて立証の内容を競い合う「高校生模擬裁判選手権」が8日、東京、大阪、福岡で同時に開催され、計18校が参加した。東京での関東大会では、全国初の裁判員裁判が終わったばかりの東京地裁104号法廷も使用し、8校の生徒たちが主張をたたかわせた。

 選手権は日本弁護士連合会が2年前から実施してきた。今回から最高裁や東京地裁が共催に加わり、初めて同地裁の本物の4法廷での対戦が実現。審査の結果、湘南白百合学園(神奈川)が3年連続で優勝した。
 準優勝の公文国際学園(同)は104号法廷で対戦。キャプテンの西城明彦君(17)は「刑事裁判の大きな変革と同じ時期に、同じ場所でできて、とても感動した」と話していた。

 6校が参加して大阪地裁で開かれた関西大会は京都教育大付属高校(京都)が優勝。4校が参加して福岡地裁で開かれた九州大会では県立福岡高校(福岡)が優勝した。
http://www.sanspo.com/geino/news/090513/gnb0905130959004-n1.htm

 ★この間史上初の裁判員制度が東京地裁104号法廷でおこなわれました。そこで模擬裁判が行われました。
posted by スズキ at 16:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記