2009年11月27日

元常務ら、配当金額を恣意的に決定

11月27日12時33分配信 TBS


 この事件は経営破綻した「近未来通信」の元専務、日置茂容疑者(44)や、元常務の建石春雄容疑者(67)ら6人が、投資家4人から1億2000万円をだまし取った詐欺の疑いで逮捕されたもので、警視庁は27日朝から建石容疑者の自宅などを捜索しています。

 「近未来通信」は、「IP電話の中継局のオーナーになれば通信料収入から配当を受けられる」とうたって、4000人からおよそ600億円を集めていましたが、警視庁へのその後の取材で、配当金の額は元常務の建石容疑者が恣意的につくり上げ、社長の石井優容疑者の承認を得て決められていたことがわかりました。

Q.配当はどうやって考えているのか?
 「乱数表があったと聞いています。いつも同じ数字なわけがないから考えないといけない」(近未来通信元幹部)

 配当金については社長の石井容疑者が「もう少し下げろ」などと建石容疑者に日常的に指示していたということで、警視庁はこうした手法でほかのオーナーの出資金を配当に回す自転車操業を続けていたとみて調べを進めています。(27日11:21)

最終更新:11月27日18時46分

TBS NEWSi
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20091127/20091127-00000035-jnn-soci.html

★ここでの趣旨は配当は建石容疑者が作成し、石井優容疑者が承認しているところです。



posted by スズキ at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近未来通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。