2009年12月22日

エビ養殖詐欺、被害者260人が元幹部ら提訴

エビ養殖詐欺、被害者260人が元幹部ら提訴
 投資会社「ワールドオーシャンファーム」(東京、破産手続き中)によるエビ養殖投資詐欺事件の被害者260人が22日、「高配当が可能」などの虚偽説明で金をだまし取られたとして、同社元幹部ら39人に計約3億5千万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。

 訴状によると、訴えた260人は1都3県に住む男女で、平均被害金額は約122万円。同社は2006〜07年、タレントを起用したパーティーなどを全国で開催し、「エビ繁殖事業に投資すれば、1年で2倍になる」など虚偽の説明で出資金を集めたとしている。
 弁護団によると、被害者は全国に約8600人いるといい、「詐欺的商法をした場合、関与した者は刑事だけでなく、民事でも必ず訴えられることを示したい」と話している。(22:01)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091222AT1G2200Z22122009.html
(2009/12/22/NIKKEI NET )

★・・・とはいうものの、民事で訴えたとしても、重要な証拠は刑事事件の中にあることが多いです。また肝心の首謀者が破産となってしまっている場合はその後の民事訴訟による賠償請求は不可能となっているため、早期の刑事事件としての立件が大切となっています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。