2010年01月19日

羽賀研二被告の知人、起訴内容を認めず 詐欺公判での偽証

羽賀研二被告の知人、起訴内容を認めず 詐欺公判での偽証
 未公開株購入を巡り詐欺などの罪に問われ一審で無罪とされたタレントの羽賀研二(本名・当真美喜男)被告(48)=検察側控訴=らの公判で、うその証言をしたとして、偽証罪に問われた元歯科医の徳永数馬被告(48)の初公判が19日、大阪地裁(並木正男裁判長)で開かれた。徳永被告は「うそをついた覚えはありません」として起訴内容を否認、無罪を主張した。

 羽賀被告は2001年、個人投資家に実際の3倍の価格を説明して未公開株を売却、約3億7千万円をだまし取ったなどとして起訴された。08年11月の一審・大阪地裁判決では、「事前に購入価格を伝えた」とする羽賀被告の主張に沿った徳永被告の証言が決め手の一つとなり無罪となった。(14:15)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100119AT5C1900919012010.html
(2010/1/19)

★ 芳賀研二氏が無罪になった決め手が「偽証罪」だったということで、また複雑なことになりました。
しかし、この証言だけで有罪か無罪かが決まるという内容も不思議なものです。もっと別なしっかりとした証拠で公判維持できなかたのでしょうか。
 



posted by スズキ at 22:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 詐欺事件(その他)・【刑法246条】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。