2011年09月13日

銀行員が振り込め詐欺を防止,70代女性はピアノを買うための振込と嘘を付き実は知らない男からの投資話に乗っかっていた事が判明。 (秋田県)

銀行員が振り込め詐欺を防止,70代女性はピアノを買うための振込と嘘を付き実は知らない男からの投資話に乗っかっていた事が判明。
(秋田県)


銀行員の窓口対応が、詐欺を防ぎました。親戚のピアノを買うための振り込みがじつはアフガニスタンの通貨を購入させる詐欺話。銀行員が気付いて、振り込む寸前で被害を防いでいます。警察から感謝状を贈られたのは秋田銀行大湯支店の高屋範子さんです。高屋さんが務める銀行の支店に70代の女性が訪れたのは今月2日の午前9時。支店を開けてすぐのことでした。遠い親戚がピアノを買うのでそのお金を振り込みにきましたと話すこの女性。しかし、その金額が200万円近かったことから、高屋さんは不審に思います。実はこの女性、知らない男から電話でアフガニスタンの通貨を購入しておけばいずれ高くなるという投資話を受け、それを信じて200万円を振り込もうとしていることが判明。高屋さんの上司が警察に相談したところ、その投資話が詐欺である疑いが強まり、振り込む直前で、被害を防ぐことが出来たのです。高屋さんの機転で被害を直前に免れた70代の女性。農作業小屋を立て直したいと思って投資話を信じたが、恥ずかしくて銀行窓口ではピアノを買うための振込だと嘘をついたと話しているということです。
[ 9/12 19:26 秋田放送]

★高齢者などの方は、どうしても労働による収入がないので、資産から資産を増やす方法しかないのが現状です。したがって、こういう話などには情報弱者となっている面もあわせてつけこまれやすいので気を付けなければなりません。
http://www.news24.jp/nnn/news8611857.html


posted by スズキ at 17:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資詐欺事件(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。