2011年09月25日

広告掲載責任、原告の敗訴確定 平成電電詐欺巡り最高裁

広告掲載責任、原告の敗訴確定 平成電電詐欺巡り最高裁 
2011/9/24 18:19

 経営破綻した平成電電を巡る詐欺事件に絡み、出資者らが出資金募集の広告を掲載した日本経済新聞社、朝日新聞社、読売新聞東京、西部両本社に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は24日までに、原告側上告を退ける決定をした。出資者側敗訴が確定した。決定は22日付。

 一審・東京地裁判決は「読者に不測の損害が生じる恐れを予見するのは困難だった」として新聞社側の掲載責任を否定。二審・東京高裁判決も支持した。
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819695E0E6E2E3868DE0E6E2EBE0E2E3E39180EAE2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2
(2011/9/24/日本経済新聞)


posted by スズキ at 01:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電関連企業・新聞社・新聞広告関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。