2011年11月27日

口蹄疫:「安愚楽牧場」の獣医師問題 告発状を受理−−高鍋署 /宮崎

口蹄疫:「安愚楽牧場」の獣医師問題 告発状を受理−−高鍋署 /宮崎

 高鍋署は25日、経営破綻した畜産会社「安愚楽牧場」の専属獣医師に対する告発状を受理した。川南町の農家2人が先月5日、獣医師法に違反した行為があったとして、告発状を提出していた。

 告発状によると、獣医師は口蹄疫(こうていえき)発生前の昨年3月、川南町にあった同社の第7農場の牛を診察せずに、獣医師免許のない農場の従業員に電話で投薬を指示するなどとされる。

 県は今月14日、この獣医師を文書で指導した。告発した農家の男性は「私たちはなぜ感染が拡大したのか知りたいだけだ。獣医師は捜査に真実を話してほしい」と語った。【石田宗久】

BSE被害農家:宮崎の口蹄疫被害農家に牛プレゼント
口蹄疫:安愚楽牧場の専属獣医師を告発 宮崎の2農家
口蹄疫:山田正彦前農相が小説出版…関係者の実名も登場
口蹄疫:余波 来月から3カ月間、子牛の出荷数激減 /宮崎
口蹄疫:余波 子牛出荷農家へ補償、県が財政支援策を発表 /宮崎
毎日新聞 2011年11月26日 地方版
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20111126ddlk45040646000c.html

★獣医師法違反の容疑ということになります。受理した以上今後の捜査に注目すべきです。
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記