2011年12月04日

安愚楽牧場破綻問題 岐路に立つ農家経営 来月に預託料停止 自立模索も壁高く (11月24日)

安愚楽牧場破綻問題 岐路に立つ農家経営 来月に預託料停止 自立模索も壁高く  (11月24日)

 経営破綻した安愚楽牧場(栃木県)から牛を預かり飼養してきた預託農家が、大きな岐路に立たされている。農家経営を支えてきた預託料の支払いが、来月5日にも止まる見通しとなったためだ。北海道内の預託農家間では、新たに肉牛一貫経営の法人を設立するという自立を探る動きもあるが、資金の確保など実現には高い壁が立ちはだかる。


→農業やJAの状況の一覧ページへ


記事の続きを読むには会員登録(無料)が必要です>>
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=10904

2011/11/24日本農業新聞
★安愚楽牧場の預託農家も大変だとおもいました。


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。