2007年08月31日

無料ISP「FREECOM」のメールサービスが11月末で終了


平成電電のブランドでの通信サービスが今まで続いていたとは思いませんでした。フリーコムオーナーはまだ救われたのでしょうか。


無料ISP「FREECOM」のメールサービスが11月末で終了


 ソフトバンクテレコムは、無料ISP「FREECOM」のメールサービスを11月30日をもって終了すると発表した。

 FREECOMは、経営破綻した平成電電からソフトバンクテレコム(当時は日本テレコム)が2006年6月に譲渡を受けたサービスの1つ。譲渡を受けたサービスのうち、ADSLや電話などについてはすでに同年秋にサービスを終了し、ソフトバンク系列の代替サービスへ移行させていた。FREECOMと同じく無料ISPの「freemail」についても2007年1月末で終了している。FREECOMは、平成電電から譲渡を受けたサービスの最後のブランドにあたる。

 FREECOMメールサービスの利用者には、9月1日から個別に終了の通知と代替サービスの案内を行なう。ただし、案内するのはODNの有料メールサービスになるという。

 なお、FREECOMのダイヤルアップ接続サービスについては継続して利用可能だ。こちらについても終了する方針に変わりはないが、今のところ時期は未定だという。
関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.softbanktelecom.co.jp/release/2007/aug/0831/index.html
  FREECOM
  http://www.freecom.ne.jp/

関連記事
平成電電、直収電話やADSLなど電気通信事業を日本テレコムに譲渡(2006/06/07)
平成電電の通信サービスが終了。ソフトバンク系列の代替サービスへ移行(2006/08/31)


( 永沢 茂 )
2007/08/31 19:33

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/08/31/16764.html
internet watchiより
posted by スズキ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。