2005年11月02日

平成電電は「意見不表明」だった

平成電電の倒産直前までの3期の会計は不表明だったことがわかりました。


平成電電は「意見不表明」だった

 11月2日付け日本経済新聞夕刊19面に「平成電電、3期続け「未監査」決算――協力会社通じ、1万9000人から490億円」の記事。
 記事は、10月3日に民事再生法の適用を申請した通信ベンチャーの平成電電が、2005年1月期まで3期連続で監査法人のチェックを受けずに実質、未監査の決算を公表していたと報じる。正確な決算書類かどうか外部チェックがないまま、資本関係のない協力会社を通じて、約1万9千人の一般投資家から490億円の資金を調達していたとのこと。記事によると、
☆平成電電の会計監査は03年1月期まで新日本監査法人が、04年と05年1月期は太陽監査法人がそれぞれ担当していたが、関係者によると03年1月期以降は、平成電電が監査法人側の求める期日までに決算書類を提出せず、会計士は必要な監査ができなかったとか。このため、新日本と太陽は、決算書類が正しいかどうか判断しない「意見不表明」の報告書を3期連続で提出していたとのこと。太陽は平成電電の05年1月期の株主総会後、会計監査人を辞任したとか。
☆平成電電本体の株主には、株主総会の招集通知で監査法人が「意見不表明」としていることは伝えられていた。商法に基づく会計監査では、企業が会計監査人から決算書類が正しいとのお墨付きを得られなかった場合でも、株主総会で承認が得られれば法的には正式な決算となるが、平成電電は少なくとも03、04年1月期の決算は、未監査のまま株主総会で決算承認を受けていたことになる。
☆平成電電の協力会社「平成電電システム」「平成電電設備」の2社は、民事再生法の適用を申請する直前まで、年8―10%の高配当をうたって資金調達を続けており、平成電電向けに通信機器をリースし、見返りのリース料を原資に投資家に配当する仕組みだったとのこと。パンフレットには平成電電の未監査の売上高、当期利益などを掲載し、「黒字計上を達成」などとしていたとか。
☆会計士による監査報告書が軽視されていると指摘する会計士や専門家が多いことから06年中に施行される新会社法は、会計士が「不適法」もしくは「意見不表明」の監査報告書を出した場合、決算公告でその事実を明示するよう企業に義務付けている。


 

公会計監査と損益表示監査

公共財供給のための公権力による財源調達及びその使途の妥当性・経済性・有効性を検証する監査と、収益活動体の期間損益及び繰越損益並びにそのリスク関連情報の真実性を検証する監査に関するニュース
より引用

http://audit.blog1.fc2.com/blog-entry-403.html

posted by スズキ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。