2009年03月25日

アーバンエステート、民事再生法の適用を申請

アーバンエステート、民事再生法の適用を申請
 アーバンエステート(注文住宅建築・販売、埼玉県川口市、大山伸吾社長)は24日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約50億円。埼玉県内を中心に営業拠点を急速に拡大したことなどで負債が膨らみ、不動産市況の悪化が重なって、資金繰りに行き詰まった。(24日 20:25)

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090324AT1D2404024032009.html
(2009/3/24/日経ネット)

★CMをつい2・3日前までバンバン流していた企業です。非上場の住宅メーカーです。特に電車の広告やTVのCMはすごく目立ちました。
平成電電と同じとも世間ではいわれています。

2008年09月22日

米の巨額救済、金融機関殺すも生かすも財務省次第

米の巨額救済、金融機関殺すも生かすも財務省次第(1/2ページ)

2008年9月21日23時27分
 【ワシントン=西崎香】米政府の不良資産の買い取り制度が政府案通りに実施されると、財務省に資産を買い取る権限が集中し、金融機関や市場全体への影響力が極めて大きくなる。救済規模で米史上最大という7千億ドルを動かす同省は、金融機関の生殺与奪権も手に入れた格好だ。
 財務省は金融機関から住宅ローンや商業不動産融資などの債権と、それらを金融商品に仕立て上げた住宅ローン担保証券(MBS)など幅広い証券を競売で買い取る。同省が規模や時期を決め、最安値を示した金融機関から買い取る「逆入札」方式などを採用。17日までに契約された資産が対象になる。
 入札に参加できるのは米国に本店を置き「米国内でかなりの事業を展開している金融機関」だが、実際は同省や連邦準備制度理事会(FRB)の裁量が利き、外国の金融機関も対象に含まれるとの認識だ。買い入れた資産を売る時期や規模も同省が判断。売却による収入は、制度の運営費などを差し引いたうえで国庫に納める。金融機関の経営状態や市場動向を見ながら買い取りや売却を進める方針だ。
 買い取りに関係する財務長官の決定は、訴訟や行政機関の命令でも覆されない、という強力な保護規定も盛り込んだ。買い取り対象になった金融機関には「政府の代理人として、合理的な義務を果たすこと」も要求。経営にも一定の発言権を確保させる。
 こうした「前代未聞の強力な権限」(ペロシ下院議長)を同省に委ねるのは、買い取りの進め方が、国民負担の規模や金融再生の成否に直結するからだ。
 金融当局には、金融機関は政府に可能な限り不良債権を押しつけ、税金でツケ払いを求める傾向が強い、との見方が根強い。金融機関側は高値での買い取りを求めるとみられるが、国民負担の点からは、可能な限り値を抑えるのが望ましい。
 

しかし、価格が安すぎれば金融機関の損失が膨らんで資本不足の懸念が再び表面化し、資金繰り難や経営の先行き不安につながる危険性がある。今回の制度は基本的に「金融システムから不良資産を取り除き、金融機関と市場の機能を再生し、経済成長を支えてもらう」(同省高官)のが目的。当局は、金融機関の赤字決算の急増を避けるさじ加減をしながら、買い取りを進めることになりそうだ。

次ページ

asahi.com2008/9/21
http://www.asahi.com/business/update/0921/TKY200809210179.html

●大きな金融会社が破綻しています。サブプライムローンの問題が発端ですが、これも悪質なローン組成から来ているものです。平成電電匿名組合、平成電電のようなものです。

2008年09月15日

米政府、金融市場を注視 リーマン買収問題などで

米政府、金融市場を注視 リーマン買収問題などで
 【ワシントン=米山雄介】フラット米大統領副報道官は12日の記者会見で、経営難に陥っている米証券大手リーマン・ブラザーズの買収観測などから金融市場に信用不安が広がっていることに触れ、政権を挙げて金融危機回避に全力で取り組む姿勢を強調した。具体的な対応について「ブッシュ大統領はホワイトハウス補佐官や財務長官から定期的に報告を受けている」「財務省が市場を注意深く監視し、市場参加者と緊密に連絡を取っている」と説明した。
 貯蓄金融機関(S&L)が相次ぎ破綻した1980年代後半から90年代初期の再来を懸念する声には「S&L危機では1年に200から300の金融機関が破綻した。現在はそうした状況ではない」と反論した。
 リーマンの買収交渉への直接の言及は避けたが、AP通信は同日、関係筋の話として「ポールソン財務長官はリーマンの買収計画を政府が公的資金で支援することに極めて慎重だ」と伝えた。 (11:29)

関連記事

最新主要ニュース

 2008/9/15/日経ネット
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080913AT2M1300D13092008.html

昔銀行が破綻しそうになっても、国が護送船団方式を採用していました。
メリルは国が助けることは出来なかったので、破産へとなってしまいました。
自分の身は自分で守ることが大切になった時代なのかもしれません。

米、市場急落懸念 リーマン破綻でFRB緊急会合も

米、市場急落懸念 リーマン破綻でFRB緊急会合も

2008年9月15日14時17分
 【ワシントン=西崎香】米金融当局は金融危機の深刻化を重大視し、金融市場の混乱を抑える緊急態勢を徹底する方針だ。15日のニューヨーク市場は相場が急落する懸念が強い。市場関係者には連邦準備制度理事会(FRB)が緊急会合を開き、市場対応をさらに強化するとの観測も浮上した。
 米財務省のポールソン長官は14日、実質的な破綻(は・たん)処理に直面している証券大手リーマン・ブラザーズをめぐる金融機関や当局の対策などが、市場の円滑な機能に不可欠なことを指摘。市場は異常な状況に直面しているとの認識で、金融システムの安定に取り組む姿勢を強調している。
 証券業界を監督する証券取引委員会(SEC)も同日声明を発表。市場の混乱を回避させる対策を徹底し、海外の金融当局と連携していることを明らかにした。週明けの15日のニューヨーク市場では、金融・証券相場の急落が予想されており、当局は神経をとがらせている。
 米中央銀行のFRBは日曜日の14日夜、証券会社などへの緊急貸出制度の条件を大幅に緩和。証券会社リーマン・ブラザーズの破綻懸念だけでなく、複数の証券や金融、保険会社などの経営危機が同時多発で進行する深刻な事態を重視し、金融システム不安の急拡大に歯止めをかけることに懸命だ。

 FRBは16日に金融政策を決める定例の公開市場委員会(FOMC)を開く予定だが、市場には週明け早々に緊急会合を開くとの観測も浮上。リーマン・ブラザーズの救済交渉が行き詰まる前は政策金利の据え置きが確実視されていたが、金融システム不安が急拡大する恐れが強い場合は、資金繰りを緩和することを視野に入れた議論の可能性もあるとの見方だ。
(2008/9/15/asahi.com)
http://www.asahi.com/business/update/0915/TKY200809150143.html

●今は上位の会社金融機関(銀行・証券会社)での破綻も珍しくなくなってきました。平成電電の経営破たんも珍しいと言っていた時代でしたが。

平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記