2012年01月03日

「クリック詐欺」スマホも標的 複数操作、手口巧妙に

「クリック詐欺」スマホも標的 複数操作、手口巧妙に 
2012/1/2 18:05

 インターネットサイトの会員になっていないのに、クリックしただけで料金を請求される「クリック詐欺」が、利用者を脅かし続けている。請求までに複数回クリックさせたり、アダルト画像が画面から消えなくなるウイルスを使ったりと、利用者を心理的に追い込む手口はますます巧妙に。最近はスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)を狙ったサイトやウイルスも急増しており、専門家は警戒を呼び掛けている。



画像や動画をダウンロードしようとしてクリックすると、アダルト画像と料金請求画面が現れ、電源を切っても消えなくなるケースも=情報処理推進機構提供
 千葉県警は昨年11月、「4クリック詐欺」で現金をだまし取ったとして、暴力団幹部の男を詐欺容疑で逮捕した。4回クリックさせて登録料名目などで現金をだまし取る4クリック詐欺の摘発は全国初。県警によると、男は昨年3月〜10月まで、約千人から総額約5千万円を詐取したという。

 男の手口は、無料アダルトサイトとうたって利用者の関心を引き、(1)年齢認証(2)利用規約(3)動画再生ボタン(4)ダウンロード確認――と計4回、利用者にクリックさせる。4回目のクリックでウイルスに感染、パソコンの画面にアダルト画像とともに「登録完了です」という文字が表示され、画像が消えなくなる仕組みだ。

 登録完了画面で5万円前後の入会登録料を支払うよう要求。実は利用規約には目立たないように「有料」と書かれており、4回クリックして自ら“承認”してしまった形の利用者は「自分が悪かった」と思ってしまうという。

 被害が拡大したもう1つの理由を県警は「アダルトサイトを見ようとした後ろめたさと、画面が消えない不安から、料金を支払ってしまった人が多かった」と分析する。
ただ料金を支払ったからといって画面が消えるわけではない。独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)は「ウイルスに感染し、請求画面が消えなくなった場合は、まずIPAや国民生活センターなどの窓口に連絡し、パソコンの復旧方法を聞いてほしい」としている。

「クリック詐欺」サイトの手口の例
(1)検索サイトから誘導 検索ワード「アダルト」「無料動画」「芸能 ゴシップ」など…
      ↓
(2)「無料動画サイト」に接続
      ↓
(3)「年齢認証」「利用規約」などをクリックさせ、気づかないうちに「有料サイト」に誘導
      ↓
(4)「動画再生しますか?」の問いで「はい」をクリック
      ↓
(5)ダウンロード画面で「実行」をクリック
      ↓
(6)ウイルスに感染し、アダルト画像や料金請求画面が消えなくなる
      ↓
(7)不安を感じた利用者が料金を払う
 同機構によると、「クリック詐欺」に関する相談件数は一昨年8月に過去最多の935件に達した。その後は月400件台に減少したものの、大半は利用者に「2クリック」以上の操作をさせる手口で、単純なワンクリック詐欺から手口が巧妙になってきているという。

 同機構の調査では「クリック詐欺」のサイトは200以上あるとみられ、増加の一途をたどっている。サイトの多くは検索エンジンで検索すると上位に表示されるよう計算されており、特にアダルトサイトや芸能人のブログを装っているものが多い。

 ワンクリック詐欺が目立ち始めた2005年頃は、迷惑メールを送りつけURLをクリックさせる手口が一般的だった。しかし最近は「送りつけるのではなく、ネット初心者がわなにかかるのを待つ手法に切り替わってきた」(同機構)

 今年は爆発的に流行したスマートフォンを狙った「クリック詐欺」サイトも目立ち始めている。

 東北地方に住む30歳代の男性は昨年8月、スマートフォンでアダルトサイトに接続。動画再生ボタンを押すと、「登録完了」の画面が表示されて6万円を請求された。
スマートフォンのクリック詐欺では、サイトの動画を見ようとすると、IPアドレスや端末の識別番号などとともに料金請求画面が現れることが多い。利用者は個人情報が抜き取られたと錯覚し、つい料金を払ってしまうのだという。



スマートフォンの「クリック詐欺」サイトはIPアドレスなどの個人情報を表示し、料金を請求する手口=トレンドマイクロ提供
 セキュリティーソフト大手のトレンドマイクロは「ウイルスを使ったスマートフォンのクリック詐欺被害の実態は把握できていないが、今後被害が拡大する可能性がある」とみる。

 特に米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」型のスマートフォンはウイルスへの免疫力が弱いとされる。アンドロイドはiPhoneと異なり、外部サイトからもアプリを購入することができるため、アプリの審査基準が甘くなりがちになるという。

 トレンドマイクロによると、iPhoneに感染するウイルスの数が数件なのに対し、アンドロイド端末に感染するウイルスの数は昨年9月末で約240種類、10月末で約500種類と急増。12月には1千種類を超えた。

 同社は「携帯電話もパソコンのようにウイルスに感染するという認識が利用者には薄い。警告を無視して安易にクリックしない心がけはもちろん、セキュリティー対策ソフトでウイルスに備えることが必要」としている。

http://www.nikkei.com/news/headline/archive/article/g=96958A9C93819499E0E4E2E3878DE0E5E3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;df=3
(2012/1/2/日本経済新聞)


★ 今年はスマートフォンの発展が予想されるため、スマホに関連した詐欺も追ってくることが予想されます。そのためスマートフォンでの詐欺にはくれぐれも気をつけたいと思います。
posted by スズキ at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 詐欺事件(その他)・【刑法246条】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

投資詐欺「夢大陸」に7億5800万円賠償命令 福岡地裁

投資詐欺「夢大陸」に7億5800万円賠償命令 福岡地裁

 福岡市の投資コンサルタント会社「夢大陸」による詐欺事件で、同社に出資した福岡、熊本県や東京都など13都道県の男女44人が、同社や同社の女性社長(55)(詐欺罪で懲役9年の実刑確定)らを相手取り、計約7億5800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3日、福岡地裁であった。


 山之内紀行裁判長は「社長らは被害を与えたことを認めている」として、同社と社長らに請求通り計約7億5800万円の支払いを命じた。

 判決によると、原告らは2006年以降、同社から「日本経済は破綻し、円は紙くずになる。運用益を必ず払う」などと勧誘を受け、ユーロ建て債券の購入費などを出資。しかし満期になっても運用金の大半は支払われず、出資金もほとんど戻ってこなかった。社長は出資金を別の事業の運営資金に充てたり、貴金属の購入に使ったりしていた。

(2011年10月3日17時15分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111003-OYT1T00969.htm
★ 福岡の詐欺罪といえば平成電電。この事件では勝訴ですが、果たして全額回収できるのか気になります。
posted by スズキ at 18:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 詐欺事件(その他)・【刑法246条】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

太陽光発電設置めぐる悪質商法 相次ぐ→破産して逃げる手法なのか

太陽光発電設置めぐる悪質商法 相次ぐ→破産して逃げる手法なのか
2011年08月17日


太陽光発電の設置について説明されたパンフレット=静岡市葵区

 太陽光発電設置の契約を結んで金融機関とローンを組ませ、代金を前払いさせておいて工事をしないという悪質な業者による被害が、県東部で相次いでいる。16日、被害者から相談を受けている弁護士が明らかにした。弁護士は「地震後、自然エネルギーの普及が叫ばれる中で、こういう被害はますます増えるはず。財務状況などで会社の信用を見極めて」と注意を呼びかけた。
 業者は御殿場市を本社とする「ソル・テック」。7月初旬に破産手続き開始の通知を顧客に送って以来、連絡が取れなくなっているという。被害は分かっているだけでも、昨年6月からの1年間で15件。被害総額は2千万円を超える。
 弁護士によると、業者は訪問販売で「今なら補助金が出て、売電価格も高い」とうたい、契約すると金融機関でリフォームローンを組ませ、その全額を会社の口座に振り込ませていた。その後「工事人の手配ができない」などの理由を付け、工事を始めなかったという。弁護士は「審査の甘かった金融機関にも貸手責任がある」と指摘した。
 県の県民生活課によると、太陽光発電に関する被害相談は2008年度は50件だったが、国の補助金制度が復活した09年度から68件、69件と増え、11年度は7月末までですでに25件の相談があったという。
 昨年10月末、富士市内で妻(38)と幼い娘2人と暮らす男性(39)は、134万円のローンで契約を結んだ。その3カ月ほど前に家を建てたばかり。「子どものためにも(お金を)残してあげたい」と他社より30万円以上安かった同社に決めたという。
 結局工事は配電盤に穴を開けただけで、10年のローンが残った。妻は「信用したのに何度も裏切られた。お金も返して欲しいけど、それ以上に人として許せない」。夫婦は今後詐欺事件として、刑事告訴も検討していくという。(植松佳香) 
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001108170002
(2011/8/17/asahi.com)

★ 大きなお金を拠出してしまう被害は出資(投資被害)だけにとどまりません。最近原発事故の影響で電力の供給不足が大きく懸念されています。そのため太陽光などの無尽蔵といえるエネルギーが見直されているため、各家庭に「太陽光パネル」の設置を勧める業者が多くなってきています。
 そうなると「悪質」な業者もどうしてもでてくるので、そういった部分も被害を起こさないよう気をつける事が大切です。
posted by スズキ at 11:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 詐欺事件(その他)・【刑法246条】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

<投資詐欺>会社幹部ら逮捕、40億円集金か 広島

★投資詐欺はいつも法律とのいたちごっこです。ここで詐欺や出資法として引っかかる言葉に「元本は保証する」という文言です。銀行の預貯金以外はその言葉は御法度なので、それを言った事を文書として残っていれば刑事事件としての立件も可能となるわけです。そこから芋ずる式に「証拠」を押させることができ、そこで本丸の「詐欺」を立件することができるというのが今の被害回復の仕組みといえます。
 
そして
posted by スズキ at 16:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 詐欺事件(その他)・【刑法246条】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

羽賀研二被告の知人、起訴内容を認めず 詐欺公判での偽証

羽賀研二被告の知人、起訴内容を認めず 詐欺公判での偽証
 未公開株購入を巡り詐欺などの罪に問われ一審で無罪とされたタレントの羽賀研二(本名・当真美喜男)被告(48)=検察側控訴=らの公判で、うその証言をしたとして、偽証罪に問われた元歯科医の徳永数馬被告(48)の初公判が19日、大阪地裁(並木正男裁判長)で開かれた。徳永被告は「うそをついた覚えはありません」として起訴内容を否認、無罪を主張した。

 羽賀被告は2001年、個人投資家に実際の3倍の価格を説明して未公開株を売却、約3億7千万円をだまし取ったなどとして起訴された。08年11月の一審・大阪地裁判決では、「事前に購入価格を伝えた」とする羽賀被告の主張に沿った徳永被告の証言が決め手の一つとなり無罪となった。(14:15)
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100119AT5C1900919012010.html
(2010/1/19)

★ 芳賀研二氏が無罪になった決め手が「偽証罪」だったということで、また複雑なことになりました。
しかし、この証言だけで有罪か無罪かが決まるという内容も不思議なものです。もっと別なしっかりとした証拠で公判維持できなかたのでしょうか。
 

posted by スズキ at 22:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 詐欺事件(その他)・【刑法246条】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
平成電電被害者の会 談・投資奮闘日記